イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流を使って、そのままでは浸透しにくいトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、グリシルグリシンなどの美容成分を肌の奥へと届ける美容法を指します。
私たちの肌の角層(表面の皮膚)は酸性で、陽イオン(+)が多くなっています。しかしその内側の層は陰イオン(-)でアルカリ性に保たれ、互いに反発し合い、角層と顆粒層の間には電気の膜が出来ています。
通常はこの電気の膜に阻まれて、美容成分は角層よりも奥に浸透することが出来ません。

イオン導入

美容成分を肌の奥まで浸透させる

イオン導入で肌に電流を流すと、角層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まります。すると浸透を妨げていた電気の膜のはたらきが弱まるので、成分を肌の奥まで届けることが出来るようになるのです。
また、ビタミンC誘導体は(-)イオンを帯びています。 マイナス同士、プラス同士は反発し合うため、イオン導入で(-)の電流を流すと、(-)イオンを帯びるビタミンC誘導体はそれに反発して肌の奥まで押し込まれていきます。
このようにして、イオン導入では美容成分を肌の奥まで浸透させるのです。
※イオン導入は3種類から選べます。
(トラネキサム酸・ビタミンC・グリシルグリシン)

根津皮フ科クリニック

アクセス
東京メトロ千代田線「根津駅」より徒歩4分
住所
東京都台東区谷中1-2-18
電話番号

03-3822-4112

診療科目
一般皮フ科・小児皮フ科・美容皮フ科・アレルギー科
診療時間 日・祝
9:00-12:00
15:00-18:00

14:00-15:00は手術および美容施術(予約制)

・・・9:00-13:00

【休診日】木曜・第3土曜・日曜・祝日